JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

ISO

主人はISOの環境(ISO14001)と品質(ISO9001)の審査員(正確には「審査員補」)の資格を持っている。

しかし、以前は「環境問題」とか「品質問題」とかには全く興味もなく、どちらかと言えば避けて通っていた口だったそうだ。
しかし前の会社を早期退職するに当たって「食いっぱぐれ」のない様にと取得したそうだ。
それを生かし次の会社で関連の仕事をしていたので、何とか役立ってはいたようだ。

かなり金をはたいて取得した(金で取得した?)ので毎年更新料を払いながら持ち続けているが
ここ数年で、資格の維持の条件が何かと厳しくなり、「新スキーム」への移行が必要とかで
数日間の「審査実績」だとか、何時間以上の「技術向上のための勉強」とかが義務化されてきた。

会社にいた時は、それでもその様な時間も取れたが退職すると、なかなかチャンスが少なくなるようだ。

今年も「維持申請」の連絡があり困ったが協会に聞くと環境の方は協会のHPに勉強のための
「ラーニングシステム」が出来たとの事で、早速やっていた。
数日かけて合計5時間たっぷりPCの問題集と格闘し最後に試験もあり何とか「実績」として
認められたので「申請」をすることが出来たらしい。

品質の方は「新スキーム」への移行がかなり困難なため、「旧スキーム」での期限の来年末で
資格が喪失しそうである。

現実的にはもう「資格」を使うチャンスもない(仕事をしない)かもしれないので、
どうでも良い様だが、先に言ったようにかなり金を払って(ウン十万円)取った資格なので
「環境だけでも維持しておくか?」といっている。

一つだけメリットは65歳以上になったので毎年の「維持更新費が半額(6K)になったので助かる!」
と喜んでいる。

まあ!ボケ防止にと思って、しっかり勉強だけでもして頑張れよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。