JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武相荘(buaisou)

昨日主人が武相荘(buaisouと読む)に行ってきた。

白洲次郎・正子旧邸で町田市にある。以前から気になっていたがやっと行けたと喜んでいた。
家から車で10分くらいでいける場所で小田急の鶴川駅の近くである。
武相荘
武相荘は昭和18年に白洲次郎・正子夫妻が東京から旧農家を買い取り移り住んだ自宅で、
武蔵と相模の国境に在ったことと「無愛想」をかけて名ずけた家である。

白洲次郎は最近「その時歴史は動いた」等でも取り上げられたように終戦時GHQとの
交渉窓口をやったり、「日本国憲法」の素案を草稿したりした人物で、吉田首相と共に
「ワシントン和平条約」締結にもかかわった人である。

GHQとも対等?に渡り合った気骨の人物だそうだ。

白洲正子も高名な作家として数々の名著を残している。

現在は、記念館となって一般にも公開している。(入館料が1000円で高いが・・)
ウイークデーにもかかわらず結構多くの人が来て居たそうな・・

白洲次郎・正子についてそんなに詳しくは無いので大した感想と言うものは書けないが、
町田市にはこれと言った名所・旧跡は少ない中、ここにそんな人物がつい最近?まで
住んでいたことに感慨を覚えたそうだ。

家は「本当に昔の農家の造りで懐かしさを覚えた。」と言って嬉しそうに帰ってきていた。

旧白洲邸(武相荘)のHP
http://www.buaiso.com/index.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。