JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QSLカードが着た

先日、主人のQSLカードの印刷のことを書いたが、今日はJARL(日本アマチュア無線連盟)から主人宛のQSLカードが、昨日着た話。

2ヶ月に1度JARLから送られてくるのだが最近随分枚数が多くなってきた。
今回も正確ではないが200枚位だったと思う。
(今は所属しているクラブ局の窓口もやっているので、そちら宛のも同時に着てやはり200枚位あった)

それを観て先日溜まりに溜まったカードを印刷していた主人が「反省」をしていた。
それは、「皆さん真面目にQSLカードを書いている!」という事のようだ。
1000枚も溜まるとさすがに印刷して送るのがやっとで、ろくに交信相手に対するコメントなんか一々考えて書いたり出来ない。
それに反して、先ほどの送られてきたカードを観ていると、全部とは言わないが結構皆さん交信相手(この場合主人)にコメントを書き足して送られてきている。
「**さん(主人のこと)交信有難うございました。今日で**回目です。次回は和文でお願いします。・・・」等しっかりしたコメントが書かれている。

やはりQSLカード(交信証)は、その相手に対し「確かに交信した証」であると同時にその折の感想等も書かれていると、受け取った方としては「気に掛けて頂いている?」感じがしてうれしいもののようである。

その意味で、自分からのQSLカードはもう少しコマめに!発行しコメントが書けるかどうかは別にして「心を込めて書かねばなー?」・・と「反省!」しておった。
当然のことだと我輩も思う!何も応援は出来ないがね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。