JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K5D(KP5 Desecheo Island)フィーバーを終えて!

15年ぶりに行われ、バレンタインデー(2/14)から大騒ぎだったK5D(KP5 Desecheo Island)でのDXpeditionが終わった。
K5DのHPによると全115000局以上の交信実績だったそうである。

昨日が最終運用日であったが、離島の間際までQRVして頑張っていた。
それでも、まだまだ沢山の局が呼び続けていたので残念ながら交信できなかった方も多かったようである。

特殊な無人島なので次回は何時かわからないが又の機会に期待しよう。

今回の「騒動」の中で、目についたのがマナーの悪さである。
途中から必ずと言ってよいぐらい「妨害電波」を出す局が現れる。
恐らく、中々ピックアップしてもらえないのでイライラしてくるのだろうが、DX局の周波数に合わせてキャリアを出したり、わざとCQ(呼び出し符号)を出したりする局が多かった。

また、それらを注意する俗に言う「ポリスマン」も多くて肝心なDX局が聞こえないことが多々あった。

DX局が相手を具体的に指定している時に自分のコールを呼び続ける(いわゆる「呼び倒し」)局も多かった。

最近所属するクラブでも「CW運用のマナー向上」に対して論議をしているが、以前ほどそれらに対して「指導」する先輩方も減ったり、それを上回る無神経な局が増えたりで、中々改善されない。

自分自身も含めて反省したい!

「モラル向上活動」を何らかの形で出来ないかと思いクラブの責任者とも相談中である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。