JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JA3FCRでのQSLカード

今日、主人がゴソゴソしていたので何かと思ったら、主人の以前のアマチュア無線をやっていたときのメインコールJA3FCR(昭和37年 大阪勤務時代に免許されたもの)で交信した相手のQSLカード(交信証)が少し出てきたらしくて調べていたようだ。

当初会社の寮で内緒?で暫く無線をやっていた(その頃はAM通信のみ)が、27歳で結婚するとぱったりQRT(お休み)状態になり、次に再開したのが45歳頃東京に2回目の転勤と同時に無性に無線がやりたくなりTS440S(KENWOOD無線機)でマンションの3階にバタフライアンテナを無理やりくっつけてQRV(電波発射)していた。

丁度その頃のカードが数十枚出てきたので調べていたら、結構DXCCで未更新のエンティティーが含まれていて現状JA1HMKでのDXCCは180局くらいだが、未CFM(カードまたはLoTWでの未照合)にプラスで11局も有ったようだ。

出てきたJA3FCRのQSLカードで新DXCCエンティティーのもの
fcrqsl

約50枚でそこそこ(11枚)出てきたので、その他にも残り200枚くらい、未確認分があったようなので追加で確認するそうだ。

当時のログ(交信記録簿)は全くなくなっているためカードが有るものでないと有効ではない(カードがあればログは遡って創ることが出来る)が、それにしてもほんの一部だが、良く残っていたものである。
最もアクティブだった結婚前の分はカードもログも全く無いのでこれは極めて残念である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。