JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FCC Exam in Tokyo

主人が、アマチュア無線の米国免許を取得するため「ARRL-VCE FCC Exam in Tokyo」を4月に受験すべく準備している。
http://members.jcom.home.ne.jp/jay-oka/fcc-exam/

目的は米国での運用の為ではなく、英語力向上?の為に思い立ったものらしい。
最大の難関は主人の英語力であるが、その向上のためなのでしっかり頑張ってほしい。
また、別の課題は「合格した場合の免許証の送付先に米国内の住所が必要」で、色々当たったが適当な友人・知人も思い当たらないので悩んでいたら、ある友人から「米国内にPO.Box私書箱を開設できる」と、聞いたので費用はかかるがそれを利用しようと思っている。
http://www.opas.com/express/tanomail.htm

試験はElement2(Technician)・Element3(Genral)・Element4(Extre)に分かれており各35問出題されるようである。(合格の正解率は75%位と聞いている)
出題はQuestionPoolという問題集から出題されるようだが、各400題くらいの中からなので結構な数である。(TechnicianのQuestionPoolで120ページある)

主目的は「英語の勉強」なので合格の是非はニの次なのだが、受ける以上せめてTechnicianだけでも合格したいと意気込んでいる。
試験は約半日で、下位クラス(Technician)から順番に合格すれば、上記3クラスを同日に受験できるが、余り高望みしないように「指導」している。

落っこちたら恥ずかしいので「あまり公表するな!」と言ったが、自分を追い込むために敢えてここで書くようなので、その節(不合格時)は、よろしく(そっと!)お願いします。Hi!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。