JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

去り際の美しさ!

昨夜は主人が送別会で帰りが遅くなった。
仲間内のスケジュール交信(RT20)の時間に間に合わなかった。

それにしても昨夜は40人くらいも集まってくれて大変楽しい?送別会だったようで、主人はご機嫌で帰ってきた。
主人のほかに家庭の都合で退社する方や年度末で移動の方もいたので併せて会を開いていただいたのだが、それにしても社員数の約半分もの方が参加頂いた事になる。
記念品や花束を頂いたが、花束は帰りの満員電車でクシャクシャになりそうなので近く結婚する女子社員が居られたのでお渡ししてきたそうだ。

たかだか6年くらいしか在籍してなかったのだが、主人は幸せ者だ!
皆さんのご好意に心から感謝するよう「指導?」しておこう。

先日主人の友人のブログでマラソンの高橋尚子さんのオリンピック予選での敗北に関連して「去り際の美しさ!」について記述されていたが、自分の会社生活の終わりにあたって主人も色々考えているようであった。

やはり何と言っても「去り際の美しさ!=惜しまれて去る?」を論ずる場合はその人が「いかに実績を伴っているか!」で左右されると思う。
「実績を伴っている人」は、概ねどのような「去り際」でも「美しい!」
高橋さんの場合も、すぐには止めずこれからも選手生活を継続するようだが、彼女なんかは人柄にもよるが、どのタイミングでマラソンを止めようが「美しい!」と思う。

それに引き換え主人なんかは「ろくな実績」も上げたわけではないので、どう足掻いても「去り際の美しさ!」は論ぜられない。
せめて「立つ鳥後を濁さず」くらいで「良い会社生活だった」と満足し周りの人全てに感謝しつつ会社生活を終わってほしいと思っている。

これからは我輩がしっかり相手つかまつろう!ご苦労さん!
薬師池桜

桜満開の薬師池にて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。