JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野良猫(福)ちゃん捕獲大作戦!(大騒動その1)

先日、野良猫の福ちゃんがかわいい子供3匹を連れて戻ってきた話を書いた。

その後、しばらく行方不明になったりまた家の周り(お隣さん含む)で見かけたりしていた。

前のときにも少し触れたが、このままでは「鼠算?(猫算)」で増えていってもいけないので、市役所や動物愛護協会と連絡を取ってきた。

今回、そちらからの連絡で「猫ボランティア?」の方が来て頂き、実際問題、一部補助もあるが結構費用もかかるし通報者負担になるが、とにかく野良猫を捕獲して子猫は「養子?」に、母親は避妊してまた元場所に戻す(放置する)様にしようと言う事になった。

その間、家内もご近所さんに相談して何とか「子猫のうち2匹は引き取っていい!」と言う方がおられたこともあり捕獲を8月5日から開始した。

早速、5日の夜(6日の朝?)お隣さんの庭に設置していた罠に猫がかかった。(下記写真)
norachan20130806.jpg

最初子猫のうちの1匹かと思ったが、どうも少し大きい感じであった。
それで、「それでは親の福ちゃん?」と思ったが、結局病院で見てもらったら「6ヶ月くらいの男の子!」とのこと。
あれれ!まったく知らない・予期していない猫ちゃんが最初にかかってしまったようである。

ボランティアさんが「どうしましょう?」との事だったので、今更「知りません!」とも言えないので「不妊手術をして放しましょう!」と言うことになって、即、手術夕方には放置した。(どこに行ったか解らない)


その後、6日の夜7日の夜に結局3匹の子猫も罠にかかったので、ボランティアさんが病院に連れて行きうち二匹はご近所さんにお渡しした。(後日談があるが・・)

残り1匹は、また別の方が「飼えるかかどうか1週間ほど仮飼育してみたい!」との事だったのでお願いすることにした。

ところが、最初に2匹飼うと言ってくれたお宅が、急遽「夜中に啼かれて大変なので1匹にしてほしい!」となって困っていたら、1週間仮飼育の方が「では2匹!」となって、今日持ち帰られた。(千葉の方らしい!)

ドタバタして大変だったが、何とか子猫は目処が出そうになったが、問題は肝心な親猫(福ちゃん)がまたつかまっていない。
この猫を何とか捕まえないとまた子供を生んで「元の木阿弥」ということである。

子猫が立て続けに罠にかかったので、さすがに警戒しておいしいえさをあげているのに罠には見向きもしない。

それで、今夜ボランティアさんからの提案で一旦罠を片付けて、「餌だけしばらく与え信頼関係?ができた段階で罠を仕掛けよう!」と言うことになった。

さてこれからが大変であるが、乗りかかった舟!何とかせねば・・

子供を捕獲して以来、母親(福ちゃん)は我が家の周りを子供を捜しているのだろう!啼きながらよくうろついていていじらしい!

おそらく子供はみんな幸せになると思うので、勘弁してね?
そして福ちゃんも、避妊してまた放してあげて、そうなったらうちでも(外飼いみたいに)餌をあげられると思うのでがんばろう!(ご近所さんで、前から餌をあげているところもあることがわかったが・・)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。