JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

ロンのこと

ロンが旅立ってもう半年が過ぎました。
本当に早い感じがします。

少しは寂しさ・辛さにも慣れてきましたが、まだまだ家中に飾りまくったりPCの壁紙になったりしている写真や、未だに手放されずにいる遺骨を見るたびに胸にくるものがあります。

最近時々思うことは、最後は寝たきりになったり本当に旅立つ前は痙攣をおこしたり、内出血があったり・・いろんなことがあって、少しでも長生きしてほしい気持ちは親として強かったのですが、「いい加減に辛さから解放させてあげて!」と神様も気遣われたのか?とも思うようになりました。

以前、友人に教えて頂いた「虹の橋」のお話にもあったように「亡くなったら全ての痛み・苦しみから解放されて、たくさんの友達と虹の橋のたもとで元気に走り回っている!」事を信じるようにしています。

散歩がてら毎日お薬師様にお参りして「ロンが元気にお友達と遊べるよう、面倒を見てあげてほしい・・」とお願いし、薬師池公園にある「鐘」を「虹の橋の鐘」に見立て「ロンちゃん元気?みんなと仲良く遊んでる?」と声をかけて帰ってくるのが日課です。

いつまでも女々しい限りですが、この想いは少しずつ薄れはしても無くなりはしないと思っています。

「幸せなひと時・・」だった時のお気に入りの写真
112-1225s_IMG.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。