JA1HMK RON's BLOG

旧「我輩はロンである」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JA3FCRその2

最近、古いQSOデーターの整理をしたり、それらをARRLのLoTWにデータアップする事をよくやっています。
(交信に少し飽いてきているので気分転換の意味で・・(^_^;)  )

そんな中、本棚を整理してましたら、JA3FCR/1時代のログブックが出てきまして、折角なので、HamLogにインプットしました。

先日、QSLカードの在庫分を入力していましたので、それ以外を選別して入力しました。
主にDX分をやりまして、今回は412QSO分インプットしました。

先回の古いQSLカード分が371QSOでしたので、合計783QSOのデーターをインプットしたことになります。
(結構、根気がいる作業で疲れましたが、当時を思い出しながら楽しんでいました。)

先日の記事にも書きましたが、当時は1989年に「ベルリンの壁崩壊」1991年ころ「ソ連の崩壊?」等、激動の時代で、中には今は無き国名のカードもあって懐かしかったです。


JA3FCR/1のログの一部(黄色がQSLカード入手分、緑が今回入力分)
fcrLOG.jpg

1985年(日航機事故の年)に東京に転勤になって北区の東十条の社宅(賃貸マンション)の3階に住んでいました。
結婚以来QRTしていた無線をやりたくなって1988年、当時乗っていた単車(250CC)を売り払いRIGを入手し(約15年ぶりくらいに)再開しました。
何せ都心のマンションの低層階・・しかし何とかDXがやりたくて、バターナットのバタフライアンテナという小さなビームアンテナを、マンションのベランダに取り付け(壁に張り付いてました・・)、今から考えるとめちゃめちゃでしたがそれでもコンディションが良かったのか結構良く飛んでくれました。
当時のRIGはTS440Sで200Wでしたが、良く周囲の方に文句を言われなかった?と思います。
その当時はCWは出来ませんでしたので全部、電話(SSB・FM)です。

結局、1989年11月に今度は福島に転勤になるまでの短い期間のログが見つかりましたので、今回入力した次第。

1960年に開局ですから、そこから結婚(1970年)までのQSOデータや、1990年以降の福島時代のQSOデーターは残念ながら廃棄してしまったようで、そこから2005年のJA1HMK開局までの物は一部残っていた受領QSLカードのデータしか残っていません。

上記JA3FCRでのQSOデータ合計783QSO分を、昨日LoTWにUPしまして、JA1HMKデータにMergeしました。
(DXCC的には、ほとんど増えませんでしたが・・当時はLoTWなんてなかったので相手のデータも少ないのでしょうね?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。